HOME小堀の渡し

小堀の渡し

 利根川は、取手市の南(現在の小堀地区・古利根沼)を蛇行して流れていましたが、大正9年に利根川河川改修によって、当時、地続きであった小堀地区は、取手(井野村)から分断されました。交通の不便を感じた地域住民によって渡船場の設置が協議され、渡し舟を出したのが始まりと想定されて以来、現在に至っています。

 これまで小堀の渡しは、小堀と取手側の二つの船着場を往復していましたが、新たにJR常磐線鉄橋下の『取手ふれあい桟橋』を加え、三点間の就航となりました。

fune1.JPG          

 詳しくはこちらをご参照ください ↓
  小堀の渡しHP(取手市)
  利根川舟運ブログ(利根川舟運・地域づくり協議会)
                        
            

 

           

取手市観光協会 0297-74-0217 toride-kankou@city.toride.ibaraki.jp

サイト表現の一部にFlashを使用しております。最新版のプレーヤーをダウンロードし、インストールしてください。